第4回北京くるくる会(2015年6月某日)

01c_北京くるくる会

【概要】

2015年6月某日 18:30〜21:30
江戸川本店(北京市东城区金鱼胡同3号诺富特和平宾馆1楼东侧)
7名(初参加4名)
言語:日本語/中国語
成果:参加者全員6面完成連続記録更新!

【活動報告】

※くるくる会ではメンバーを「○○クルー」と呼んでいます。

Iクルーの送別会を兼ねた第4回北京くるくる会。

帰国を控えた主役のIクルー、前回のくるくる会参加後に集中的にトレーニングを重ね一時は指南書なしで2分を切るまでに腕を上げられ「スピードキューバー」の仲間入りをされる。北京くるくる会の牽引役として活躍された氏の帰国は非常に残念。そのIクルーの紹介で今回初参加の中国人大学院生のYクルー。幹事の不手際により中国語指南書を持参していなかったにも関わらず、日本語指南書を手がかりに6面を完成させるすご技を披露。

無錫(ムシャク)出張からの帰路に直接会場に来ていただいたNクルーとKuクルー。2回目の参加となるNクルーは前回参加の翌日に一日中キューブをして首を痛められたとのこと。LBLのF2L(ステップ1〜3)までは手順記憶ではなくロジックで解くほどキューブの特性を理解される。そして今回初参加のKクルー。その場でキューブを入手され、その後30分で6面を完成される天性のキューバーの予感。追加でキューブを2つ入手され、今後のキューブの普及活動に貢献してくれそう。

事前にTRCC(東大ルービックキューブサークル)の教本で予習されていたKaクルー。くるくる会特性指南書内の記載ミスを即座に発見される知性派クルー。今回の計測会には参加されなかったが次回以降に計測会の凄いタイムが期待される。

「自作キューブを完成させる」との目標のある初参加のOさん。自作キューブとは既存のキューブにオリジナルのラベルを貼った絵柄付きキューブ。絵柄付きキューブは先ず6面を完成させてから絵柄の向きを揃えなければならず、今回は基本の6面完成までを完了。異なるブランドのキューブの回し心地(感覚)を的確に言い当てた指先の感覚は凄い。

、、、ということで、今回ご参加の7名(内4名は初参加)の方々は複数回6面を揃えることができ、くるくる会参加者全員6面完成連続記録がまた更新された。今回で最後となる主力メンバーIクルーの帰国により

【計測会結果】

Iクルー 2分49秒
Nクルー 3分10秒
Hキャプテン 53秒(片手)

IMG_3084

巨大キューブでの実演!

 

 

コメント

Copied title and URL