くるくる会史上、最高級の開催場所(第63回北京くるくる会 in 西藏大厦)

【概要】

2017年6月某日 18:30-21:30
開催場所:西藏大厦 香帕拉宫廷菜
参加者:7名
初参加:2名
言語:日本語

【活動報告】

この日のくるくる会(夜の部)は、西藏大厦のチベット料理レストランで開催いたしました。高級な部類に入るレストランで評価サイト(大众点评)では「味は最高だが値段が高い!」とのこと、メニューの中には50年モノの茅台酒(5万元、80万円!)も置いてありました。くるくる会史上、最高級の開催場所です。とは言え、とても親切な店員さんに代表的なチベット料理かつ値段が手ごろな組合せを提案していただき、リーゾナブルで美味しいチベット料理を楽しむことが出来ました。

この日は若い中国人の女性二人がご参加され(初参加)、とても賑やかなくるくる会となりました。お二人とも見事六面を完成され、更に「次回以降も参加する!」との力強いコメントもいただきました。

6面を完成できるKさんとUさんには「キュービスト平均」を出していただきました。この「キュービスト平均」とは5回計測して、最も良いタイムと最も悪いタイムを除いた3回の平均のことです(フィギアスケートの採点方法と同じです)。次回以降もタイム計測を継続していき、タイムが改善されていく経緯を記録していきたいと思います(これでくるくる会がキューブ会という本来の目的を達成できるかと思います(笑))

今年1月から始めた「中国23省出張所レストランチャレンジ」もこの日で5軒目ととなりました(安徽料理、福建料理、陝西料理、新疆料理、チベット料理)。参加者の中からオススメのレストランのご紹介がありましたので、次回以降突然23省出張所以外で開催するかもしれませんが、ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。

【計測会】

Name Solve 1 Solve 2 Solve 3 Solve 4 Solve 5 Cubist Average
Kさん 01:59.80 02:25.41 (01:50.13) 01:54.08 (02:25.66) 02:06.43
Uさん 03:45.67 (05:08.73) 03:46.85 04:26.26 (02:53.10) 03:59.59

記念撮影!

チベットビル。恵新西街北口駅から徒歩2分。

チベットの雰囲気満点のレストラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする