くるくる会、取材受け!(第45回北京くるくる会 in 手羽大使)

【概要】

2016年9月某日 19:00- 22:30
手羽大使
参加クルー4名(社会人3名、キャプテン1人)
言語:日本語

【活動報告】

CRI(中国国際放送局、中国唯一の国際放送局)さんから取材を受けました!薄暗い店内で、大の大人がビール片手にキューブをくるくる回している姿が放送に耐えられる構図になるのか不安でしたが、そこはさすがプロ集団のCRIさん。いろいろなアングルから、フレーム中のキューブの位置や周囲の音との関係を丁寧に、かつ効率的に確認されながら撮影をされていました。どのような映像になるかは想像もつきませんが、CRIさんの撮影作業やインタビューの手際の良さを考慮すると、素晴らしい編集結果になるのではないかと思われます。

さて、今回も素晴らしい出会いがありました! 手羽大使にたまたま来られていたご出張中のNさん、Kさんと県人会を通じてのお知り合いとのこと。「子供のころキューブをやっていた」とのことで、急きょNさんにもくるくる会にご参加していただくことになりました(半強制的に?)。ビックリしたことにNさん、何も見ずに六面を完成されました! Nさんによれば「なんとなく覚えている」とのことでしたが、その記憶力には驚かされます(私は何年もキューブをやっていますが、数週間キューブに触らない期間があると手順を忘れてしまいます)。その後、Nさんはメガミンクス(正12面体パズル)にも挑戦され、下方部を完成させていらっしゃいました。Nさんの記憶力と応用力には脱帽です。

、、、と、取材やキューブの話でビールの消費も進んだ後半は、キューブを真面目に回す気力は誰にも残ってなく、完全なダベリ時間になりました(笑)。キャリアもバックグラウンドも異なる大人による異業種交流会となったくるくる会(夜の部)、毎回いろいろな話が聞けてとても有益です。

次回は国慶節明けになります。皆さまのご参加をお待ちしています!

mde

集合写真(解像度を落としています)

bmd

今日も手羽先をたくさん食べました!

mmexport1475096075645

別室(カラオケ部屋)でインタビューを受けました

mmexport1475096084750

カメラで撮影されながらのくるくる会。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする