六面体パズル教室 in 大田区立矢口西小学校

大田区立矢口西小学校のスクールサポートの方からのお誘いで、六面体パズル教室を開催させていただきました!

東京くるくる会として二度目となる小学校でのパズル教室、今回15名の児童が来てくれました。講師はくるくる会キャプテンと元世界チャンピオンの大村周平さん(日本ルービックキューブ協会副支部長)の二人。大人でも難解な六面体パズルではありますが、1時間ちょっとの講義で全員みごとに完成させることができました。

講義後は自習の時間、感の良い児童は自力で何度も六面をそろえていたり、競技卓にてタイムを計ったりしていました。講座終了後のアンケートでも、「帰ってから家族に自慢する」「とても楽しかった」と、全員ポジティブなコメントをしていただき、開催した甲斐がありました(とても励みになります!)。

「是非、世界に通じる競技者がココから育ってほしい」とは、日本のルービックキューブ界に多大な貢献をされている大村さんの弁。 今回参加された児童におかれましては、今後もくるくる会に参加するなどしてパズルキューブを続けてほしいと思います。

くるくる会は都合がつけば、小学校やイベントでキューブ講座を開催いたしますので、まずはご連絡ください。

最後になりますが、今回のキューブ教室を企画していただいた矢口西小学校のスクールサポートの皆さま、大村さん、誠にありがとうございました!

矢口西小学校スクールサポートのホームページ上での紹介

※矢口西小学校の関係者の方の許可の下、画像を掲載させていただいています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする