[特製指南書]EMACを適用したF2L/OLL/PLLのマニュアルを公開しました

六面を完成させるために覚えなければならない手順数は9手順、回転記号数にして67個になります。指の早い人であればこの手法で1分は切れると思いますが、更にタイムを短縮するためにはより多くの手順を覚えなくてはなりません。

CFOPにおいては、F2Lで41手順/329回転記号、OLLで57手順/572回転記号、PLLで21手順/281回転記号という膨大な量を記憶しなければなりません。私のような中年にはハードルが高すぎます。

そこで、繰り返し出てくる回転パターンに対して短いコードを割り振ったEMAC(Encoding for Middle Age Cubing)を編み出しました。この手法を使えば、記憶が必要な1182個の回転記号を788個まで削減することができます(33%の削減です)。特にF2Lでは、その効果は著しく52.9%も削減することができます。

Number of Symbols without EMAC Number of Symbols with EMAC Reduction Ratio
F2L Manual powered by EMAC 329 155 52.9%
OLL Manual powered by EMAC 572 406 29.0%
PLL Manual Powered by EMAC 281 227 19.2%
ALL 1182 788 33.3%

先日、EMACされたF2Lのマニュアルを公開しましたが、今回新たにOLLとPLLのマニュアルも公開します。ご活用していただければ幸いです。

なお、EMACはくるくる会でしか通用しない用語・手法ですのでご注意ください。

<EMAC>http://kurukurukai.com/?page_id=286/#EMAC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする