10カ国目のメンバーはイギリス人(第71回北京くるくる会 in 百合亭)

【概要】
2017年10月国慶節期間中某日 18:45-23:00
開催場所:百合亭(好運街店)
参加者:4名+百合ママ
言語:日本語(関西弁)

【活動報告】

国慶節のある夜、北京の有名パティシエTさんから「関西弁をペラペラ話すイギリス人キューバーがいる」との連絡があり、急きょ開催さが決定した北京くるくる会。時間がなく微信グループに案内を事前に流せなかったことお詫びいたします。

イギリス人キューバーのAさん、以前東京でお勤めだったということもあり日本語はペラペラ(何故か関西弁)。キューブ歴1年でメインキューブはValks3とカナリの腕前。国慶節中に北京のキューブ専門店で新作キューブを調達されるとのこと、この専門店などの北京ローカル情報をAさんからいただき、くるくる会のメンバーと共有させていただこうと思いますのでご期待ください!

以前何度もくるくる会を開催させていただいた美味之約(フレーバープロミス)にお勤めのパティシエのTさん、キューブについてはずっと気になっていたとのことでした。当日は30分程度で最初の六面をそろえられ、その後は自力で何度も六面を完成されていました。そんな中、百合亭の名物オーナーの百合ママも参戦。キューブとアルコールで大いに盛り上がったくるくる会となりました。

実はイギリス人のAさんのご参加をもちましてくるくる会メンバーの出身国が10カ国(日本、中国、韓国、イスラエル、南アフリカ、フィリピン、インド、ガーナ、アメリカ、イギリス)になりました。今後も異国・異世代・異文化の中でのキューブを通じた交流をくるくる会で実現させていただきたいと思いますので奮ってのご参加、お待ちしています!

百合亭名物、巨大トンカツを2つオーダーさせていただきました。美味しくいただきました!

Aさんが持っていたオクスフォードの日英辞書

「この辞書には『CUBE』が掲載されていない」と文句を言っていたのはAさんの談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする