キューブを持ってきても良い学校!(第58回北京くるくる会 in フレーバープロミス)

【概要】

2017年4月某日曜日 15:00- 17:15
フレーバープロミス
参加者:13名(お母さん5名、中学生1名、小学6年生1名、小学5年生2名、小学4年生2名、小学2年生1名、キャプテン)
初参加者:9名(うち経験者2名)
言語:日本語

【活動報告】

今回は北京にある国際部のある公立小学校(F学校、日本人学校ではありません)に通う4家族の方とくるくるしました!

なんとこのF学校、数学の先生の要請で6年生の生徒はキューブを6面そろえなければならないとのこと。今回参加してくれたF学校6年生の男の子も1分強で揃えられるツワモノ。しかもこのF学校、キューブの校内大会もあるとのことで、もの凄い人材が沢山居そうな予感です。日本人学校の先生に、「F学校では算数の授業でキューブ教えているみたいですよ」と耳打ちしてみようかなぁと思います(笑)。もしかすると北京日本人学校の課外活動で認められ、F学校との対抗戦なんていうのも実現できるかもしれません。

さて今回も初心者講座からスタート。高学年のお子さん中心だと進度も早く、一時間足らずで全員六面をそろえることができました。今回の圧巻は付き添いのお母さん方も熱心に学ばれ、一人のお母さんはルーキー戦(初参加10分以内)に挑戦され、見事9分20秒で完成されました。

また経験者の二人のお子さんも、2分及び3分という経験者基準を見事クリアしてキューブグッズを獲得されました!

2回目以降の参加でもキューブグッズが手に入るチャレンジは用意していますので、ふるってのご参加、お待ちしています!

初参加のママさんが出した9分20秒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする