臭桂鱼に挑戦!(第52回北京くるくる会 in 安徽大厦)

【概要】

2017年1月某金曜日 19:00- 22:00
安徽大厦中餐厅(安徽大厦)
参加クルー5名
言語:日本語

【活動報告】

あけましておめでとうございます!

とは言え未だ春節まで2週間ありますので、中国は未だ年末気分ですよね。

去年に引き続き、くるくる会がいろいろな機会を通じて皆さんと素晴らしい時間を過ごせる場になればと思います。その一環として今年のくるくる会(夜の部)を中国各省(23省5自治区4直轄市2特別区、計34地区)の料理を提供するレストランで開催し、中国各地の料理を楽しみながらくるくる回す企画を考えています。各省の北京出張所(大厦)に併設されているレストランをメイン会場にしようと思います。

その第一弾は安徽省!(あいうえお順で開催省を決めているのではありません(笑))

中国八大料理の一つの安徽料理、キノコ料理やスッポン料理に特徴があるとのこと。特に有名なのが「臭桂鱼」。臭豆腐よりも臭い、との事前リサーチがありましたのでオーダーするか迷いましたが、折角の機会でしたのでチャレンジしました。思ったほど食感や味に癖はなく、「少しだけ特徴的な味付けをした魚の煮つけ」と表現していた人がいました。そうとは言え、目の前にあると臭うので中華テーブルをくるくる回して、押し付けあいになっていました(笑)

黄山臭桂鱼。肉厚の桂鱼に甘臭いタレ。

腊肉夹馍。アブラの塊(殆どベーコンの形は残っていません)を夹饼に挟んで食べます。

舌尖上的毛豆腐。食感は滑らか。

胡适一品锅。豆腐や鶏の干锅料理。

皖南手剥笋。剥きながら食べるタケノコ。

「念のために安心して食べれるものをオーダーしておこう」ということで頼んだ饼。結局、一番人気はこれでした。

免费水果。

そして本題のくるくる。今回は初参加の方がいらっしゃらなかったので、キューブ講座はなく、食事を楽しみながらの異業種交流会となりました。しゃべり→気が向いた時にキューブ、という流れはいつもの通りです。

記念撮影!

去年ガーナで購入してきたチョコ。過去4回連続持参するのを忘れていて今回やっと渡すことができました。未だ未だ残っていますので、次回以降ご参加の方にお渡しします。

大きな個室で開催しました。

会場の安徽大厦。地下鉄五号線沿いでアクセスは便利。

先日はポールダンス会場でポールの回りをくるくる回り、今回は中華テーブルをくるくる回したりと、本来の趣旨から脱線し始めたくるくる会ですが、今年も宜しくお願いいたします!

次回のくるくる会は、湖南料理か新疆料理、或いはKさんお勧めの鉄板焼きの店で開催する予定です。春節前後は忘年会・新年会で皆さんお忙しいと思いますので、Wechatで時期を見計らって開催調整をさせていただきます。

【くるくる会記録・表彰】

※記録・表彰の説明はこちら

Kさん 1:40.825
Uさん 4:36.635

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする